上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
連日熱帯夜が続く休日の朝
DSCN9934-s.jpg
7時前からこんな気温・・
そして向かうは、暑さも厳しい山梨。

前回の利用時に問題となった「クールベスト ⇒ ホットベスト 」味方から敵になっちゃう事
今回、「クールバック」と「凍らせた水」でその問題を解決できました。

ボトルに入れたお水を2本凍らせて、クールバックに入れて持参。
こちらは 保冷材 代わりと ベストへの保水 の両方に役立ちます。

そして、休憩時はベスト内の吸水ポリマーが暖まらないようにクーラーバックに入れる。
着用する前には、ボトルの溶けた水でベストに保水。

この2つの心がけで、効果が格段にアップしました。

この氷水が、いい仕事してくれます!!
DSCN0057-s.jpg

前回、感じたのですが休憩場所の手洗い場のお水って、この辺りでは案外冷たくないのです。
なので、後半は猛暑に負けないほどベストが冷えず 効果を発揮できず・・・って感じになりました。

今回はこの氷水のおかげで酷暑の中ずいぶんと楽に走れたと思います。



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014.07.31 Thu l インプレ l コメント (4) トラックバック (0) l top
おはようございます,豆蔵です。
うさから,クールベストのインプレのバトンを受け取ったので,感じたことを書いてみたいと思います。
一言でいうと,「Good JOB,このベストええ仕事してまっせ~」です。
この一言で伝わると思います………(静)

いくらなんでも,これではヒドいので,もう少し書いてみます。
まず,水の含ませ方と絞り方です。

【水の含ませ方】
洗面台に水を張り,ベストを浸します。浸す時間は1~2分程度でした。
ポリマーの入ったところの生地が濡れるまで浸しました。新品だったので,少々水をはじく感じがしたので,しっかりポリマーに水を吸わせます。

【絞り方】
ベストを折りたたんで,手のひらで軽く水を切る程度にしました(合掌して絞りました)

次に,【実装】です。
やはり,うさも言ってますが,速乾性Tシャツの上に着る事がベストです。
袖を通して,すぐにヒンヤリ感に包まれます。ただし,ちょっと重量感もありますけどね…(汗)

さぁ,お待たせしました【使用感】です。
熱い日中に使用しましたが,ヒンヤリ感は比較的長く感じることができました。ただ,直射日光と温風のおかげで,ヒンヤリ感は持続しませんが,暑さはベストを着ていないときよりも和らぐ感じがします。
外の気温計で40度超えでも,汗はかきません。
これは,熱いシーズンには手放せません。おすすめします。
ツーリング中にヒンヤリ感を持続させる為に、ランチ等でエアコンの効いた室内に入るのであれば,持参して冷やしておくのが良いと思います。ベスト自体は湿ってますが,水が滴るほどではないので,椅子に掛けておくだけでも十分です。
その前に,トイレ等で新たに水を含ませるのがより良いでしょう。
更には,うさが言っていますように,クーラーボックスの活用もGoodです。

上手く活用する事で、夏も快適なツーリングが期待出来そうです。


2014.07.18 Fri l インプレ l コメント (5) トラックバック (0) l top
台風8号が通り過ぎ、猛暑日となった休日。
外に立ってるだけで汗が滴り落ちてきますが、こんな日こそ乗りますかRTに(笑)
アレ試してみたいしね。

先日横須賀の帰りに、市川市にあるモトラッド京葉でこちらを購入いたしました。
DSCN9798_convert_20140713064131.jpg
クールベスト♪

以前ツーリングでご一緒させていただいたP氏ご夫妻所有のクールベストを見せてもらって
「便利なものがあるんやね~」と、感心する豆家。
その後、度重なる家内会議の結果 インカムよりも先にクールベストを購入することにしました~(笑)

ネットで調べると、モトラッド京葉に現物あり!!
早速、お出掛けついでに立ち寄って 試着→購入 となりました。
豆さんMサイズ うさはXSを購入。

今日の気温は・・・
DSCN9860_convert_20140713065139.jpg
時間は11時 すでにひなたは40度です(・。・;

お試しに高速と一般道を交えて100キロ程度走行

まずはベストを水に浸してみると・・・ずっしり重くなります。
どれほど絞りましょうか・・・
とりあえず、豆さんは水から引き上げで水滴が滴らない程度に軽~く。
うさは、それをタオルにとって両面軽く拭きました。
それぞれ速乾Tシャツの上に着ると、涼しい~~。
ひんやり感がとても良いです。これは期待出来ます!!
その上にメッシュジャケットを着て出発~。
はじめは、一般道を走行。
2車線に車やトラックがひしめいており、日差しに加えて各車両から出る熱風が・・
信号も多くストップ&ゴーの繰り返し・・・
でも、ベストが身体に程よくフィットしているので、肌でひんやり感じ涼しい。低速でも効果抜群です。
その後、バイパスに出て中速走行になると、超涼しい~。

1時間ほど走り休憩。ランチタイム。
帰り道、ベスト上部はかなり水が抜けてる感じなので再び濡らします。
あまり絞らないほうが涼しい様に思います。
豆さんは少々水が滴るまま着用。うさも初回よりも絞り加減を控えました。

帰り道は高速道路。気温は上がっていますが風を受けて涼しさは続きます。
途中のPAで休憩
気温は・・・(我が家のRTに気温計が付いてないので、温度計持参(笑))
DSCN9848_convert_20140713075331.jpg
40℃振り切ってます。

その後、一般道に下りて低速走行。
あらら~クールベストがホットベストに変化してきました。(涙)
日差しと体温でベスト自体が暖かくなってきたので、ひんやり感はもうありません。
こうなると湿気をたっぷり含んだ物を1枚多く着てるので、むしろ暑い気がします。
私は、途中で立ち寄ったガソリンスタンドで脱ぎました。
風通しが良くなって涼しい(笑)

次回は、保冷バックを持参して休憩中にベストは冷やしておこうかな(笑)
うさ的評価は、夏の必須アイテムとなりそうです。
状況に合わせて、使い分けると夏のツーリングも楽しめると感じました。

次回は、豆さん目線のインプレを報告します。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
2014.07.13 Sun l インプレ l コメント (2) トラックバック (0) l top
RTの初ツーリングに出かけた週末,その乗り味にむむな感じ?!がした豆蔵です。
このツーリングで感じたRTのインプレを少し書きましょう。
比較するのは,ソロの相棒となるYZF-R1です。あまりにもキャラクターが違うバイクで,しかも素人のインプレですから軽~く流してくださいね。

ソロの相棒R1は09モデルのヨーロッパ仕様で,アクラポのマフラー,K&Nフィルター,パワーコマンダーを装備したもの。
外観は下の写真の通りです。
140527-R1

まず,RTに跨って最初に思ったのは「重い・・・」です。
これは,RT乗りの皆さんと同じ感想でしょうね。でも走り出すと,重さを感じさせない走りになります。
ただ,吹け上がりには,やはりマルチのSSを乗っていたせいか,RTに重さを感じましたね。まっ,ツインのツアラーだから仕方ないですよね。
でも,80kmから100kmで流すと気持ちよく,スルスル~ってシルキーな走り応えで,これには大満足(*^_^*)

次に,峠道です。
重さが気になっていたので,期待はしていなかったのですが,ハンドリングが素直で,これまたR1にはないコーナリングが楽しめました。さすがに,ハングオフするわけにもいかず,リーンウィズでのコーナーリングでしたけど(^_^;)

むむむな感じとは,不慣れなエンジンで戸惑ったってことです(^^ゞ
でも,RTはタンデムツーリング用なので,峠を攻めるわけも速さを競うわけでもないので,のんびりしたライディングを身につけられればと思っています。
ツーリングするには良いバイクです。
さぁ~,これからどこ行こうかな(^.^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
2014.05.27 Tue l インプレ l コメント (5) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。