観光2日目はミュンヘンからプラハへ移動
時刻は夕方ですが、ヨーロッパは日が長いので暗くなり始めるのは9時過ぎ。
少しの時間でもプラハの街中を散策したいのでホテルにチェックインした後は、
地下鉄を利用して観光中心地となる旧市街へ向かいます。

地下鉄駅から地上に上がり、右側奥に見えたのは改修中の国立博物館ヴァーツラフ広場
180730-001.jpg
プラハの春、ビロード革命の舞台となった、プラハでは重要な広場です。

右側はチラ見しつつ左側の旧市街広場へ向かいます。時刻は午後6時くらいです。
180730-004.jpg
右側の2本の塔がある建物は、ティーン教会
内部にはプラハ最古のオルガンがあり主祭壇に描かれた絵画など多くの見所があります。
左のゴシック様式の建物は14世紀に建てたれた、石の鐘の家
市民の企画展などが行われてるギャラリーになってる様子。

そして反対側には、旧市庁舎 が建っています。
この塔は街全体が見える人気のビュースポットなんですよね。
そして旧市庁舎の南側には有名な天文時計があるのですが、なんとメンテナンス中らしく養生されてました(涙)
でも、養生シートには外観が描かれていて雰囲気は味わえます(笑)
180730-002.jpg

目指す先は、プラハ最古の橋 カレル橋
18073-019.jpg

モルダウ(ヴルタヴァ)川に架かる、有名な観光名所です。
180730-006.jpg

橋の欄干には30体の聖人像があり、橋の上では露天やストリートミュージックが楽しめます。
180730-010.jpg

橋からは、憧れの場所 プラハ城 が見えます!
180730-007.jpg


カレル橋のたもとにあるドーム型の屋根を持つ聖フランシス教会
前を通ると、トランペットのような音が聞こえ近づいてみると
180730-008.jpg

午後7時からコンサートが行われる様子。せっかくなのでチケットを購入して入って見ました。
プラハはいろんなところで、気軽なものから格式高いものまで色々な演奏会が行われているのですよね。
180730-005.jpg
決して大きな教会ではありませんが、天井画も内装細部の装飾も、一つ一つが美しくて美術館みたいです。
180730-020.jpg

オルガンは、主祭壇横のバルコニー部分にあります。
180730-022.jpg
今回は、トランペット・オルガン・ソプラノのソロやアンサンブルなどを交えた13曲が楽しめるプログラムになっていました。
180730-009.jpg

180730-021.jpg

プラハに到着して数時間
観るもの全てが魅力的な世界で、映画の中かタイムスリップしてしまったかのような気分です。
明日はプラハから南にバスで3時間ほど移動して、チェスキークルムロフという街を観光します。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019.07.30 Tue l ヨーロッパ l コメント (0) トラックバック (0) l top
<つづき>
青空マーケットをぶらぶらした後は、来たときとは違うルートで散策しながらホテルへ戻ります。
180630-101.jpg
ビール王国のドイツ いろんなブランドのビアホールがありました。
私はビールは飲めませんが、好きなにとっては飲み比べも出来て楽しいのでしょうね。
180630-103.jpg
180630-104.jpg
180630-105.jpg
有名な建築物でなくても、街全体の雰囲気がとても素敵です。
180630-106.jpg
新市庁舎 背面からの眺め
180630-107.jpg
今回は駆け足で回りましたが、ミュンヘンの街も時間を掛けてじっくり観光してみたいと感じました。

ミュンヘン中央駅からバスで空港へ向かいます。
楽しかったなぁ~と、ドイツ観光を思い出しながらボンヤリ外を眺めながらバスに揺られ移動
180630-110.jpg
バスが停まり数人の乗客が降りた時、
「我が家もここで降車かな?ドライバーに聞いてくるよ」と、外でスーツケースの受け渡しをしているドライバーのもとへ・・・
外から手招きする豆さん。
あわてて、私も降車 「到着したとき夜だったから、周り見ても同じ場所ってわからなかった~(笑)」

と、立ち去るバスを見送りつつ歩き始めたとき・・・
豆さん 「あれっ?リュックは」
私 「ん・・・・。 !!!! 」 ( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

そうなんですよ、リュックをバスの網棚に乗せたまま飛び降りてしまったのでした(涙)
昨日ガイドさんに、バスの忘れ物は戻らないよ。って注意されたのに~~~

異国でどうしたらいいの~(涙)
冷や汗が出るというよりも、体内の血液が逆流する感じでした(涙)

で、その後豆さんが空港のインフォメーションのお姉さんに事情を話し
バスの所在を突き止め、スーツケースを引きながら二人でダッシュしてバスまで戻ることが出来ました。
急いでバスの網棚を確かめると・・・ありました(涙)
バスが捉まってよかった。そしてリュックが盗まれなくて良かった~~(涙)

大きな事件になることもなく無事にチェックイン
180630-111.jpg

出発までラウンジでお昼ご飯を頂きました。
ミュンヘンの白ソーセージにプレッツェル美味しかったです♪
180630-112.jpg

予定していた飛行機でプラハに移動です。
180630-113.jpg



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
2019.07.27 Sat l ヨーロッパ l コメント (0) トラックバック (0) l top
観光2日目は、午後はプラハへ移動するため早朝ミュンヘンの街中を散策します。
中央駅近くの宿泊先のホテルから10分ほど歩くと、ミュンヘンの目抜き通りのカールス門付近へ到着します。
180630-001.jpg
この門の先は歩行者天国で両サイドはおしゃれなショップやデパートなどが並んでいます。
日中は沢山の人で賑わっているそうですがこの時間はほとんど人がおらず、異国の朝をのんびりと楽しめます。

こちらは中世から続く歴史ある 聖ミヒャエル教会
180630-002.jpg
こちらの教会は内部もとても美しいそうなのですが、時間が早すぎて入れず・・。
この建物の地下には、昨日行ったノイシュバンシュタイン城のルートヴィヒ2世のお墓、
ファザードには聖人の像が並んでます。
180630-003.jpg

更に進むと、マリエン広場にそびえるネオ・ゴシック様式の建物 新市庁舎
180630-007.jpg

こちらは等身大の人形が踊るドイツ最大の仕掛け時計が有名です。
180630-008.jpg

180630-009.jpg

マリエン広場から少し歩くと、お花や食材を販売する青空マーケットがあります。
180630-025.jpg
どのお店も、とても素敵なディスプレーで、市場をぶらぶらするだけでも楽しいです♪
180630-028.jpg
ガーデンオブジェも可愛いです
180630-012.jpg

フルーツジュースと
180630-027.jpg
サンドイッチ 美味しかったです!!
180630-013.jpg

<つづく>


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
2019.07.27 Sat l ヨーロッパ l コメント (0) トラックバック (0) l top
<つづき>
ランチの後、ノイシュバンシュタイン城から見えたホーエンシュヴァンガウ城辺りを自由にお散歩
180629-201
180629-012.jpg
この辺りの景色、おとぎの国に居るようでいつまで眺めてても飽きません。
また、違う季節に訪れても素敵なんだろうなぁ

これらの景色を目と心に焼き付けて、再びバスに乗り最後の観光地へ移動
15分程で到着したのが、ロマンチック街道の最南端
美しい川と山々にかこまれたフッセンの街
街に降り立ったとき、リンデ(ヨーロッパ菩提樹)のとっても良い香りが印象的でした。
この街では、外壁に描かれただまし絵が有名なホーエス城とパステルカラーの建物が並んだ街中を散策を楽しみます。

建物にはどのお店もアイアンで作られた看板がぶら下がっていて可愛いです♪
180629-203
うさぎとかえるだ (*´∀`人 ♪
180629-208

こちらがホーエス城
アウグスブルブルクの大司教が避暑に訪れていたお城らしい
180629-205
塔の角のレンガや時計の文字盤 バルコニー等壁の立体に見える装飾が描かれています。
180629-209
街の散策を楽しみ、ツアーの全工程は終了。
再びバスに揺られミュンヘン中央駅に戻ります。

BMも気持ち良さそうに走ってました。
180629-206
時間の縛りがあるもののバスツアーは、移動中も存分に景色を楽しめてよかったです。
また、ガイドの方からいろんな地元の観光情報を教えてもらえるので非常にありがたいです。
190629-210
旅行中の注意事項も色々言ってました。スリも多いし、日本と違ってバスへの忘れ物は出てきませんよ。とか・・
わたしは、日本で平和ボケしてるから特に気をつけなくちゃ

そうこうしてるうちにミュンヘンの街中へ戻って来ると、ドイツらしい光景が
190629-211
メルセデスベンツのオフィス。
クルマがミニカーに見えちゃうくらい大きなビルの壁に、一面にクルマがディスプレーされてます。
スケールがちがうなぁ

ミュンヘン中央駅到着~
180629-212
ヨーロッパ観光初日、充実した内容となりました。


2019.07.20 Sat l ヨーロッパ l コメント (0) トラックバック (0) l top
1年前の記事の続き・・・
放置しすぎで楽しかった記憶が薄らボンヤリになりつつありますが、
初ヨーロッパ旅行の備忘録としてまとめます。

初めて見る美しいヨーロッパの教会に名残惜しみつつ次の目的地へ
バスで30分程移動すると前方に見えてきたのが、標高1000mに建つ
180629-007.jpg
バイエルン王ルートヴィヒ2世によって19世紀に建築された「ノイシュバンシュタイン城」
政治や外交のための「宮殿」ではなく、ルートヴィヒ2世の趣味の為に建設されたお城。
まずは、お城を眺めるのに最適な場所「マリエン橋」まで移動します。
180629-008.jpg
この橋の上、より良いアングルでお城を写真に映したい観光客で朝の通勤電車みたいに混雑しておりまして笑えました。
180629-009.jpg
その中で、どうにか納めた写真がこちら。
霧で見えない日もあるそうで、青空じゃなくても全景を眺められてラッキーでした。
私は根性がなくて出来ませんでしたが、みなさん混雑の中お城をバックに自撮りされてました。
さすがだな~
その後はお城の中を見学する為急ぎます。事前に用意されたチケットに合わせて入城です。
180629-010.jpg

打刻された時間にゲートを通過しなければ見学できなくなってしまいます。
中はルートヴィヒ2世のこだわりが詰まった豪華な作りとなっていました。
そしてこの対面には、彼が幼少の頃過ごしたお城ホーエンシュヴァンガウ城があります。
180629-011.jpg

さてと、一通り見学が終わったらお昼ごはん♪
メニューは「ミニサラダとシュバイネブラーテン(ドイツ風ローストポーク)」
お肉はもちろんですが、添えられているマッシュポテト超美味しい~♪
180626-101.jpg

180628-103.jpg
飲み物は、本場のドイツのビール!!ではなく、アップルソーダ♪これがとっても美味しかったです。

<つづく>

2019.07.19 Fri l ヨーロッパ l コメント (0) トラックバック (0) l top
かれこれ、1年ぶりの更新。
その間に色々と環境が変わり、現在はバイクなし生活となりました。

RTでタンデムツーに出掛けることが難しい環境となり、泣く泣く手放しました。
楽しかったツーリング生活 さようなら~ 。゚(゚´Д`゚)゚。
一緒に走ってくれた、みなさん ありがと~ヽ( ´_`)/~~~
いつも遊んでくれたみなさんへの報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。

それと、我が家のシンボル うさぎのくぅちゃんは2017年12月30日 お月様へ旅立ってしまいました。
その日大掃除を終え、二人でくぅちゃんを囲みひと息ついたところ
二人が自分のそばに居るのを確認した上で、旅立ったように思います。
この出来事が自分の中でなかなか消化できず、文字にしてお伝えすることが遅くなってしまいました。
いまは、分身くぅさんと暮らしてます。羊毛フェルトで、手作りしました。

20190715a.jpg

今後は、旅行レポや美味しい物ネタをのんびり更新していこうと思います。




2019.07.15 Mon l その他 l コメント (4) トラックバック (0) l top